もうこはん日記

気の向くままに書きます。

公園と鳩とおじさん

今日は、気分転換と紫陽花撮影のために、舞鶴公園大濠公園に。


f:id:mokohan:20170622220422j:image


f:id:mokohan:20170622220542j:image

 

実は恥ずかしいことに、きちんと紫陽花を見たことが一度も無く、その美しさに驚いてしまった。色合いが絶妙。

 

蓮の花も満開。

バズーカのようなレンズをつけたカメラを持ったおじさんが居たけれど、プレッシャーに負けずに、無事撮影。


f:id:mokohan:20170622221010j:image


f:id:mokohan:20170622221012j:image

 

舞鶴公園で美しい花を撮影して満足した私は、大濠公園へ。

 

そこには座り込む鳩や、
f:id:mokohan:20170622221140j:image

真剣な眼差しで魚を狙うサギ(たぶん)


f:id:mokohan:20170622221201j:image

大量のミノムシなどなど、生き物がたくさん。


f:id:mokohan:20170622221352j:image

 

しかし、どんな生き物よりも私が気になったのは、大濠公園のベンチで休んでいる営業マンやお爺さんの8割が鳩に餌をあげていたこと。

公園で暇を持て余した男性は、鳩に餌をあげたくなるのだろうか。

 

 

吉澤嘉代子という劇薬を見つけた

私は長いこと「音楽不感症」を患っていた。

中学・高校・大学と音系の部活・サークルで散々楽しんだが、大学を卒業した途端に、音楽への興味が失せた。

会社勤めで心を病んだ影響もあるかもしれないが、それよりも自分で演奏することをやめたというのが大きな原因だろう。

今まで聴いてきた音楽への興味はさほど失せなかったものの、新しい音楽を生活にとりいれることが無くなった。

何を聴いてもワクワクしないのは勿論、「最近の邦楽は何を聴いても同じに聞こえる」なんて、好奇心を失った中高年のようなことすら言っていた。

そんな私の前に現れたのが、劇薬こと吉澤嘉代子である。

かねてよりバカリズムの「架空OL日記」のファンだった私は、当然のごとくドラマも観た。

ドラマのくだらない面白さに浸りながらエンディングを迎えた私に、衝撃が走る。

 

「なんじゃ、このかわいい声とメロディは!!!!」

 

久々にひと聴き惚れをした私は、スタッフロールでアーティスト名と曲名を確認する。

 

 

 

月曜日戦争 (通常盤)

月曜日戦争 (通常盤)

 

 

 私はすっくと立ち上がり、PCの前に座り、Amazonで音源を購入した。

スタッフロールを確認~音源を購入までのスピードは、私の人生最速だったと言っても過言ではないだろう。

月曜日戦争を何度かリピートして満足した私は、Amazonのプライムミュージックで他のアルバムが聴けることに気づき、勢いでプライム会員にも入会した。

ただいま無職真っ只中で、節約モードに突入している私にここまでさせるとは。

恐るべし、吉澤嘉代子

他のアルバムも聴き、その声質の変幻自在ぶりに再び慄く。

歌も上手けりゃ、曲も良い。

ビジュアルも世界観がよくできている。

なんと素晴らしく恐ろしいアーティストに出会ってしまったのだろう。

しばらく音楽不感症を患っていなければ、こんな感動は味わえなかったかもしれない。

ありがとう、音楽不感症だった私。

ちなみに、私のおすすめは「ブルーベリーシガレット」と「化粧落とし」と「地獄タクシー」なので、皆さんぜひ聴いてみて、慄いてください。